専業主婦と兼業主婦の借入

専業主婦と兼業主婦の借入

主婦の中にはアルバイトやパートで働いておられる兼業主婦と自分には全く収入の無い専業主婦の方がいますね。

 

金融会社からお金を借りたいと思う場合は、基本的に本人に継続安定した収入があることが条件なので、お仕事を持っている主婦なら申し込んで借り入れが可能です。ただし、消費者金融借りる場合は総量制限というのがあり、年収の3分の1までしか借りることができません。

 

また、消費者金融から、貸付残高が50万円を超える融資を受ける場合、あるいは他の貸金業者を含めた総借入額が100万円を超える場合には、収入を明らかにする書類を提出しなければなりません。貸金業者は、この書類によって、借り入れ希望者の借入額が年収等の3分の1を超えないかどうかを確認します。

 

これらは、貸し金法により規定されている制限ですが、この規定によれば収入の無い専業主婦などは借り入れができなくなるので、例外として「配偶者貸付」というのを認めています。

 

「配偶者貸付」は自分に収入が無くても配偶者に収入があれば、配偶者の年収の3分の1までなら借り入れができるというものです。この場合は配偶者の信用情報が確認されます。もし、配偶者に延滞や破産などの記録があったり、借り入れ件数がかなり多いとか借入残高がかなりあれば、審査には不利になります。

 

内緒

また、「配偶者貸付」でお金を借りたい場合は、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類が必要になります。ただ、いくつかのレディースローンを除き、一般の消費者金融では「配偶者貸付」による融資は行っていません。ですから、専業主婦は消費者金融からは借り入れができない場合が多いです。

 

それに対し、銀行のカードローンの場合は、配偶者に継続安定した収入があれば申し込みができるところもあります。収入のある主婦ならもちろん申し込みができますし、一定の借入限度額までなら、収入証明書の提出も必要ありません。

 

銀行のカードローンは金利が安いのですが、その分、審査が厳しくなっているので、収入が少ない兼業主婦の方は、借入限度額が低く設定されることがあります。専業主婦の場合は、さらに低く、30万円程度の限度額になります。


このページの先頭へ戻る